ヴェーダベース

第18章

放棄の完成

第1節: アルジュナは言った――全能なる御方よ、悪魔ケーシーを滅ぼされた御方よ、私は放棄(テャーガ)と放棄階級(サンニャース)の目的を知りたいと思います。

第2節: バガヴァーンは言われた。――偉大な賢者は物質的欲望に基づいた活動を捨てることを放棄階級(サンニャース)とよび、智者は全活動の結果を捨てることを放棄(テャーガ)とよぶ。

第3節: 全ての果報的活動を誤ちとして放棄すべきと主張する賢者もいるが、供儀、布施、苦行の活動を決して放棄すべきでないと考える聖者もいる。

第4節: バーラタ家の最も素晴らしい者よ、放棄について私の判断を聞きなさい。人間界の虎よ、経典には3種類の放棄があると言われている。

第5節: 供儀、布施、苦行の活動は放棄してはならず、行うべきである。実際に供儀、布施、苦行は偉大な魂さえ浄化する。

第6節: これらの全活動は執着や結果の期待を持たずに行うべきである。おおプリターの子よ、義務としてそれを行いなさい。これが私の最終意見だ。

第7節: 規定された義務は決して放棄してはならない。幻想のために自分に規定された義務を放棄するなら、そのような放棄は無知の様式のものと言われる。

第8節: 労を厭って規定された義務を行わなかったり、身体的不快を恐れて活動を放棄することは激情の様式の放棄とされていて、それにより放棄の向上に導かれることはない。

第9節: おおアルジュナよ、物質的な交際を結果に対する執着を捨て、規定の義務はなされるべきという理由だけでそれを果たすなら、それは徳の様式の放棄である。

第10節: 徳の様式の人が、不吉兆なことを嫌わず吉兆なことに執着せず、知性を持って放棄を行うとき、彼はその活動に疑いを持たない。

第11節: 肉体に覆われた生命体が活動を全て放棄することは不可能である。しかし活動の結果を放棄した人は真の放棄者と言われる。

第12節: 放棄しないものには望ましいもの、望ましくないもの、それらの混合という2種類の活動の結果が生じる。しかし放棄階級者には、そのような快楽や苦痛を与える活動の結果は存在しない。

第13節: 剛の者アルジュナよ、ヴェーダーンタには全活動をなす5つの原因があると言われている。これからそれらについて私から聞きなさい。

第14節: 活動の場所(体)、行為者、様々な感覚、様々な努力、そして究極的にはスーパーソウルが行動の5要素である。

第15節: 体、心、言葉によりなされた活動は、正しいものも誤ったものも、これらの5つの要素により行われる。

第16節: それゆえ自分だけが行為者であると考え、5つの要素を考慮しない者は知性が低く、物事をありのままに理解していない。

第17節: 偽我意識に左右されず知性が混乱していない者は、この世界で人を殺すことなく、活動に束縛されることもない。

第18節: 知識、知識の対象、知覚者は活動を動機づける3要素である。感覚、行為、行為者が活動の3構成要素である。

第19節: 物質自然の三様式により三種類の知識、活動、活動者が存在する。それらについて私から聞きなさい。

第20節: 生命体が無数の姿に分かれたとしても、全ての生命体の中にひとつの精神的性質を見出す知識は、徳の様式のものと知りなさい。

第 21節: 様々な体の中に様々な生命体があると見る知識は、激情の様式のものと知りなさい。

第22節: ただひとつの活動がすべてであると考え、それに執着し、真実の知識を持たない貧弱な知識は無知の様式のものと言われる。

第23節: 執着を持たず規則正しく行われ、愛憎や果報的結果を求めずになされる活動は徳の様式のものと言われる。

第24節: 自分の望みを満たそうと、偽我意識により大きな努力をもってなされた活動は激情の様式のものと言われる。

第25節: 幻想の中で経典の教えを無視して行われ、未来の束縛を気にせず、他のものに与える暴力や苦しみも考慮しない活動は無知の様式のものと言われる。

第26節: 物質自然の三様式と関わることなく偽我意識を持たず、大きな決意と熱意を持ち、成功失敗に左右されずに義務を遂行する者は徳の様式の行為者と言われる。

第27節: 活動とその結果に執着し、それらの結果を楽しもうと渇望的で常に妬み深く不純で、苦楽に左右される活動者は激情の様式に位置すると言われる。

第28節: 常に経典の教えに背いた活動をし、物質的で頑固で他人に侮辱的であり、怠惰にして気難しく因循な者は、無知の様式の活動者と言われる。

第29節: おお富の勝利者よ、物質自然の三様式の違いによる様々な理解と決意について詳しく語るのでよく聞きなさい。

第30節: プリターの子よ、徳の様式の理解とは何をなすべきか、何を恐れ何を恐れるべきでないか、何が束縛を与え何が解放を与えるかを知ることである。

第31節: プリターの子よ、宗教と非宗教が区別できず、なすべき活動となすべきでない活動の区別が出来ない理解は激情の様式のものである。

第 32 節: 無知と闇の呪縛の下で非宗教を宗教と考え、宗教を非宗教と考え常に誤った方向に努力する理解は、おおパールタよ、無知の様式のものである。

第33節: おおプリターの子よ、心、生命、感覚の活動を支配し、ヨーガの訓練による着実さのために壊れることのない決意は徳の様式のものである。

第34節: おおアルジュナよ、宗教、経済発展、感覚満足の果報的結果に固く執着する決心は激情の様式のものである。

第35節: おおプリターの子よ、夢、恐怖、悲嘆、気難しさ、幻想を越えることの出来ない愚かな決意は無知の様式のものである。

第36節: バーラタ家の最高のものよ、束縛された魂に楽しみを与え、彼らを苦しみから救う3種類の幸福について私から聞きなさい。

第37節: 最初は毒のようだが最後には甘露のようになり、人を自己の悟りに目覚めさせるものが徳の様式の幸福と言われる。

第38節: 感覚がその対象に触れることにより得られ、最初は甘露のようだが、最後には毒のようになる幸福は激情の様式のものであると言われる。

第39節: 自己の悟りに盲目的で、最初から最後まで幻惑にすぎず、睡眠や怠惰や幻想から生じる幸福は無知の様式のものと言われる。

第40節: 物質自然より生まれた三様式から自由な者はここにも、高位惑星系に住む神々の中にも存在しない。

第41節: おお敵を懲らしむ者よ、ブラーフマナ、クシャトリヤ、ヴァイシャ、シュードラは物質的様式から生じた性質によってそれぞれの区別がある。

第42節: 穏やかさ、自己支配、謹厳さ、忍耐、誠実、知識、智恵――これらはブラーフマナが活動するときに示す生来の性質である。

第43節: 英雄的で力に満ち、決意、計略に富み、戦場における勇敢さ、寛大さ、指導力――これがクシャトリヤの活動の性質である。

第44節: 農耕、牛の保護、商業がヴァイシャの性質であり、シュードラには労働と他者に対する奉仕がある。

第45節: 自分の性質に応じて定められた仕事をすることにより誰もが完成に達することができる。それがいかにして可能なのか私から聞きなさい。

第46節: 全存在の源であり全てに遍在しておられる主を崇拝すれば、自分の仕事を行うことを通じて人は完成に達することができる。

第47節: 他者の職業を完全に行うよりも、自分の職業を不完全に行うほうが優れている。生来の性質に応じて規定された義務は決して罪の報いの影響を受けない。

第48節: 火が煙に覆われているように、いかなる努力も何らかの欠点に覆われている。おおクンティーの子よ、たとえ欠点に満ちていたとしても自分の性質から生まれた仕事を放棄してはならない。

第49 節: 自己を支配し、執着を持たず、物質的快楽を無視する者は、放棄の実践により反動のない最高完成段階に達することができる。

第 50 節: おおプリターの子よ、私がこれからまとめる方法に従えば、このような完成に達した人がいかにして最高完成段階ブラフマンに達することができるか私から学びなさい。

第 51-53 節: 知性により浄化され、決意により心を支配し、感覚満足の対象を放棄し、愛憎から解放されることにより、人里離れた所に住み、僅かだけ食べ、言葉の力や心や体を支配し、常に三昧にあり、執着せず、偽我意識、偽の力、偽の自尊心、欲望、怒りや偽の所有欲を持たず、物質的なものを受け入れず、穏やかな人は自己の悟りの段階に高められる。

第 5 4 節: このように超越的な者はただちに至上ブラフマンを悟り、完全な喜びに満ち、嘆くことも物を求めることもなく、全ての生命体に平等である。その段階で私への純粋な献身奉仕が達成される。

第 55 節: ただ献身奉仕によってのみ、私をバガヴァーンとしてあるがまま理解することができる。そのような献身的態度によって私を充分意識する者は神の王国に入ることができる

第 56 節: あらゆる行動を行っていても、私の純粋な献身者は私に保護されて、私の恩寵により永遠で滅びることのない王国に到達する。

第 57 節: いかなる活動をするにも私に依存し、常に私の保護の下で行動しなさい。そのような献身奉仕で私を充分に意識しなさい。

第 58 節: 私を意識するようになれば、おまえは私の恩寵により人生の障害を全て克服することができる。しかしそのような意識で活動せず、偽我意識で行動し私の言葉を聞かなければ、おまえは道を見失うだろう。

第 59 節: 私の指示に従わず戦わないなら、あまえは道を誤ることになる。生来おまえは戦うべきなのだ。

第 60 節: 幻想の下でおまえは私の指示に従って行動することを今拒んでいるが、おおクンティーの子よ、しかし、持って生まれた性質によりおまえは全く同じことをするであろう。

第 61節: おおアルジュナよ、至上主は誰の心臓の中にもいて、物質エネルギーで構成された機械の上に座している全生命体の放浪を支配する。

第 62節: おおバラタの子孫よ、スーパーソウルに完全に服従せよ。スーパーソウルの恩寵によりおまえは超越的な平安を得て至上の永遠王国に到達するであろう。

第 63節: さらに内密な知識をおまえに説明した。これらをよく考慮して、自分の望み通りに行動しなさい。

第 64 節: おまえは私の親友なので私の至上の教えである最も内密な知識を授ける。おまえのためになることなので、よく聞きなさい。

第 65 節: 常に私のことを思いなさい。私の献身者になり、私を崇拝し、私に敬意を捧げなさい。そうすればおまえは間違いなく私のもとにくる。親友のおまえにそれを約束しよう。

第 66 節: 全ての宗教を放棄し、ただ私に服従せよ。恐れるな。私がおまえを全ての罪の報いから救おう

第 67 節: 謹厳でない者、献身的でない者、献身奉仕を行わない者や私を妬む者にはこの内密な知識が説明されることはない。

第 68 節: この至上の神秘を献身者に説明する者には純粋な献身奉仕が保証され、そのような者は最終的に私のもとに帰ることができる。

第 69 節: そのような献身者ほどこの世界で私にとって愛しい者はいない。現在においても、未来においてもそのような者が私には最も愛しい

第 70 節: そして私はこの神聖な会話を学ぶ者を、知性により私を崇拝する者と宣言する。

第 71 節: 妬みを持たず信念を持って聞く者は、罪の報いから解放され、敬虔な者たちが住む吉兆な惑星に到達する。

第 72節: おおプリターの子よ、富の征服者よ、心を集中して聞いたか。おまえの無知と幻想は今や消え去ったか。

Text 73: アルジュナは言った。――おお過つことなき御方クリシュナよ、私の幻想は今消え去りました。御身の慈悲により私の記憶は甦りました。私は疑いも揺らぐこともありません。御身の教えに従って行動いたします。

Text 74: サンジャヤは言った。――私はこのようにクリシュナとアルジュナの2人の偉大な魂の会話を聞きました。それがあまりに素晴らしいゆえ私の髪は逆立っています。

Text 75: 全神秘主義者の支配者クリシュナがアルジュナに直接語られた最も内密な言葉を、私はヴャーサの慈悲により直接聞くことができました。

Text 76: おお王よ、クリシュナとアルジュナの驚くべき聖なる会話を思い返すたびに、私は身震いするほど喜びを味わいます。

Text 77: おお王よ、クリシュナの素晴らしい姿を思い出すたびに私はさらに驚きに打たれます。

Text 78: 全神秘主義の支配者クリシュナと至上の射手アルジュナが居る所には富、勝利、非凡な力、道徳性が間違いなく存在します。これが私の意見です。

BACE: 世界でヴェディック文化を広げるアカデミー

©2020 BACE- バクティーヴェーダンタ文化と教育アカデミー

www.vedabace.com は勉強とリサーチとか毎日の精神生活ができるためあるヴェーダ知識の詳しく情報と説明

問い合わせ- info@vedabace.com

jaJapanese