VEDABACE

バガヴァッド・ギーター 7.23

अन्तवत्तु फलं तेषां तद्भ‍वत्यल्पमेधसाम् ।
देवान्देवयजो यान्ति मद्भ‍क्ता यान्ति मामपि ॥ २३ ॥
antavat tu phalaṁ teṣāṁ
tad bhavaty alpa-medhasām
devān deva-yajo yānti
mad-bhaktā yānti mām アピ

anta-vat — 敗れやすい; tu — しかし; phalam — 結果; teṣām —彼らの; tat — それ; bhavati — 成る; alpa-medhasām — 知性少ない者のdevān — デーヴァに;deva-yajaḥ — デーヴァを崇拝する者; yānti — 行く;mat — 私の; bhaktāḥ — 献身者; yānti — 行く; mām — 私のところに; アピ ~もまた

翻訳

知性とぼしき者たちはデーヴァ(半神)を拝み、その得た利益は有限で一時的なもの。デーヴァを拝む人々はデーヴァの惑星へ行くが、私の献身者は究極的に我が至上の惑星に来る。

解説

『バガヴァッド・ギーター』の解説者のなかには、半神を崇拝しても至高主 に行きつく、と言う者たちがいますが、この節では、半神の崇拝者は半神が住むさまざまな 天体系に行く、と言われており、それは太陽の半神を崇拝すれば太陽に、月の半神を崇拝す れば月に行くのと同じです。インドラを崇拝すればインドラのところに行きます。半神を崇 拝する人がだれでも最高人格主神に到達するわけではありません。その考え方はこの節で否 定されています。半神の崇拝者は物質界のさまざまな惑星に行くが、至高主の献愛者はじか に最高の惑星に行く、と明言されているからです。

ここで挙げられる点は、半神が至高主の体の各部分であるとしたら、半神を崇拝すれば同 じ結果が得られるのは当然ではないか、という論点です。しかし、半神の崇拝者が知性に欠 けるとされるのは、体のどの部分に食べ物をあげたらいいのかを知らないからです。なかに はひじょうに愚かな人たちもいて、食べ物を食べる部分と方法はたくさんある、と言ったり 33 します。じつにいい加減な話です。耳や目が食べられるとでも言うのでしょうか。かれらは 半神が至高主の宇宙体の部分であることを知りません。知らないのに、どの半神も、神から 分離した存在で、神の競争相手だと信じているのです。

半神が至高主の部分体であるのは半神はもちろん、ふつうの生命体もそうです。『シュリ ーマド・バーガヴァタム』では、ブラーフマナは至高主の頭、クシャトリヤは腕、ヴァイシ ャは腰、シュードラは足で、それぞれが多様な機能を果たしている、と述べられています。 どの位置にいるかは別として、半神も自分も至高主の部分体であることを知っているのであ れば、その知識は完璧です。しかし、その点がわかっていなければ、行きつくところは半神 が住んでいる惑星です。献愛者が行く場所とは違います。

半神の恩恵で得られる結果はやがて消えてなくなります、物質界のなかでは、星も半神も その崇拝者も滅びる定めにあるからです。この節で明言されているのは、半神崇拝から得ら れる結果はどれもいつかはなくなる、知性のない者がそういう崇拝をする、という点にあり ます。純粋な献愛者は至高主に献愛奉仕をしてクリシュナ意識に没頭し、知識と喜びにあふ れた永遠の境地に到達します。ですから献愛者が得る結果は、半神崇拝者とはまったく違い ます。至高主は無限です。主の好意も、慈悲も無限です。ですから、純粋な献愛者に対する 至高主の慈悲も無限なのです。

BACE: Aiming to Teach Vedic Culture All Over the Globe.

©2020 BACE- Bhaktivedanta Academy of Culture and Education

www.vedabace.com is explanation of Vedic knowledge with detail information which can be useful in daily spiritual practice and studies and research.

for further details please contact- info@vedabace.com

jaJapanese