ヴェーダベース

バガヴァッド・ギーター 5.29

भोक्तारं यज्ञतपसां सर्वलोकमहेश्वरम् ।
सुहृदं सर्वभूतानां ज्ञात्वा मां शान्तिमृच्छति ॥ २९ ॥
bhoktāraṁ yajña-tapasāṁ
sarva-loka-maheśvaram
suhṛdaṁ sarva-bhūtānāṁ
jñātvā māṁ śāntim ṛcchati

bhoktāram —受け取る人; yajña —供儀の; tapasām— そして苦行と禁欲; sarva-loka — すべての惑星とそこに住む神々; mahā-īśvaram —至上主; su-hṛdam —恩恵を施す人; sarva —全ての; bhūtānām—生物; jñātvā — このように知って; mām — 私(主クリシュナ); śāntim —物質的苦痛からの救済; ṛcchati —人は達成する

翻訳

私はあらゆる供儀と苦行の究極の受益者であり、すべての惑星と神々の至上主であり、一切の生物の幸福を願う大慈悲者であると、これを知る人は永遠の平安に達する。

解説

幻象エネルギー(マーヤー)に捕らえられている制約された魂たちはすべて、物質現象の世界で安心をつまり幸福や平和を追い求めています。ですが彼らは平和のための定則を知らないのです。その定則について『バガヴァッド・ギーター』のこの部分は説明しているのである。その最大最高のきまりは、これ ごく簡単明瞭な真理です。すなわち、あらゆる人間活動、人間の仕事、行為はことごとく主クリシュナが受け取るのだということ。これを知ってすべて自分のものだと思っている物や仕事を主クリシュナに供えることです。制約された魂がその限られた知力で理解できてもできなくても、とにかく宇宙にある無数の天体と、そこに住む神々はことごとくクリシュナの所有なのです。彼以上に尊く偉大な存在はないのである。神々の中でも最高とされている主シヴァや主ブラフマーよりも、彼は上なのです。ヴェーダでは至上主のことを タン イーシュヴァラーン パラマン マヘーシュヴァラン と言っています。生物は自分で見える範囲の事物を全て支配したい、自分の所有にしたいと思って努力しますが、これは幻覚、錯覚であって、実際は、主の物質エネルギーの完全な支配下にあります。物質界の支配者は主であり、制約された魂は物質自然のきびしい規則の下にあります。この赤裸々な事実を理解しない限り、個人としても集団としてもこの世界で真の平和は得られないのです。これがクリシュナ意識のセンスである。主クリシュナが最高の主権者、支配者であり、偉大な力を持つ神々を含めた一切の生物はすべて彼の従者です。このように完ぺきなクリシュナ意識となってはじめて平安の境地に達するのです。

この第5章は、クリシュナ意識の実践的分野の説明であって、一般的に「カルマヨーガ」と呼ばれています。カルマ・ヨーガによって、どうして解脱できるのか、という疑問の答えにもなっています。クリシュナ意識で働くということは、支配者としての主について完全な知識を持って働くことです。またこのような働きは、無上の知識とおなじです。直接のクリシュナ意識はバクティ・ヨーガで、ジュニャーナ・ヨーガ(知識の道)は、バクティ・ヨーガへと導くための道です。クリシュナ意識とは、絶対者と自分との関係を完全に知った上で活動することで、そしてこの意識の完成は、バガヴァーン、クリシュナについて余すことなく知ることです。純粋な魂は、まことに微小ですが、全なる神の一部分であり、神の永遠の従者です。現象を支配したいという欲のために、魂はマーヤー(幻象=現象)と接触するようになりましたが、これこそ彼の苦悩の原因なのです。物質的なことに係わっているかぎり、彼は物質的必然性によって、いやでも働かなければなりません。しかしクリシュナ意識は、人が物質の管轄区域内にいる間でも、精神的生活へと導いてくれます。なぜならそれを物質界で実習すれば、必ず内なる精神性が目覚めるからです。その修行が進めば進むほど、物質的束縛から自由になっていきます。主は誰に対しても公平です。すべては感覚を抑制し欲望と怒りを克服すべく努力しながら、自分の義務を公平に果たしていく、その程度と成績にかかっているのです。そして上記の欲情をコントロールするのに成功してクリシュナ意識に達したならば、その人はすでに超越的境地、いわゆるブラフマ・ニルヴァーナに入っています。八段階のヨーガ秘伝は、クリシュナ意識の中で自動的に身についています。なぜなら、ヨーガの究極的目的は、ほかならぬこのクリシュナ意識なのですから。ヤマ、ニヤマ、アーサナ、プラーナーヤーマ、プラティヤーハーラ、ダーラナー、ディヤーナ、そしてサマーディ。その八段階に実習によって意識は上がっていきます。ですが、これらはみな、献身完成の入り口でしかありません。献身バクティ、主を愛し主に仕える道だけが人類を真の平安に導くのです。神への献身奉仕、これこそ生命あるものの至高の境地、円満完全な状態なのです。

これで、バクティヴェーダンタによる『シュリーマド・バガヴァッド・ギーター』の第5 章、「カルマ・ヨーガ、クリシュナ意識での活動」に関する要旨解説を終了します。

BACE: 世界でヴェディック文化を広げるアカデミー

©2020 BACE- バクティーヴェーダンタ文化と教育アカデミー

www.vedabace.com は勉強とリサーチとか毎日の精神生活ができるためあるヴェーダ知識の詳しく情報と説明

問い合わせ- info@vedabace.com

jaJapanese