VEDABACE

バガヴァッド・ギーター 10.33

अक्षराणामकारोऽस्मि द्वन्द्व: सामासिकस्य च ।
अहमेवाक्षय: कालो धाताहं विश्वतोमुख: ॥ ३३ ॥
akṣarāṇām a-kāro ’smi
dvandvaḥ sāmāsikasya ca
aham evākṣayaḥ kālo
dhātāhaṁ viśvato-mukhaḥ

akṣarāṇām – of letters; a-kāraḥ – the first letter; asmi – I am; dvandvaḥ – the dual; sāmāsikasya – of compounds; ca – and; aham – I am; eva – certainly; akṣayaḥ – eternal; kālaḥ – time; dhātā – the creator; aham – I am; viśvataḥ-mukhaḥ – Brahmā.

翻訳

私は文字のなかの〃ア〃。複合語のなかの二重語である。また私は無尽蔵の時間。創造者のなかのブラフマーである。

解説

〃ア・カーラ〃はサンスクリットのアルファベットにおける最初の文字である。そしてヴェーダ文典の始まりである。ア・カーラの字音がなかったら、何も発音できない。したがって、アは音の始まりでもある。サソスクリットのなかには、多くの複合語があるけれども、そのなかで例えばラーマ・クリシュナのような二重語をドヴァンドヴァと称する。この複合においては、ラーマとクリシュナは同じ形なので、この言葉を二重というのだ。

あらゆる種類の〃死に至らしめるもの〃のなかで、究極的なものは〃時間″である。時間はすべてのものを殺していく。時間はクリシュナを表わし、時期がくれば大いなる火災が発生して、あらゆるものを破壊する。

何かを創造することのできる生物のなかでは、四つの頭を持つブラフマーが首位である。したがって、ブラフマーは至上者クリシュナの代表である。

BACE: Aiming to Teach Vedic Culture All Over the Globe.

©2020 BACE- Bhaktivedanta Academy of Culture and Education

www.vedabace.com is explanation of Vedic knowledge with detail information which can be useful in daily spiritual practice and studies and research.

for further details please contact- info@vedabace.com

jaJapanese