ヴェーダベース

バガヴァッド・ギーター 1.44

अहो बत महत्पापं कर्तुं व्यवसिता वयम् ।
यद्राज्यसुखलोभेन हन्तुं स्वजनमुद्यताः ॥ ४४ ॥
アホーバタハトパーパン
カルトゥンヴャーヴァシタヴァヤン
ヤドラジャスカロベヘナ
ハントゥンシュヴァジャナムダヤタハ

Synonyms

aho — おお; bata — なんと奇妙なことか; mahat —大きな; pāpam —罪; kartum — 犯そうと; vyavasitāḥ —決断した;vayam —我々が; yat — なぜなら; rājya-sukha-lobhena —王候の幸福を得たいという貪欲に駆られて; hantum — 殺す; sva-janam —血縁の者たち; udyatāḥ — ~しようとして

翻訳

ああ我らは何という大罪を今ここで犯そうとしているのか、王侯の栄華を欲するあまり、血縁の人々を殺そうとしているのです。

解説

利己的な欲望に駆られて人間としての正気を失うと、人は自分の兄弟や、あろうことか父や母までも殺しかねないのです。世界の歴史には、そうした例がたくさんあります。しかしアルジュナは主の聖なる献身者ですから、そのような行動をとることは夢にも考えたことはないのです。

BACE: 世界でヴェディック文化を広げるアカデミー

©2020 BACE- バクティーヴェーダンタ文化と教育アカデミー

www.vedabace.com は勉強とリサーチとか毎日の精神生活ができるためあるヴェーダ知識の詳しく情報と説明

問い合わせ- info@vedabace.com