ヴェーダベース

第5章

カルマ・ヨーガ:クリシュナ意識における活動

第1節: アルジュナ言う:はじめにあなたは行為れよと言われまた再び献身奉仕として行為せよと勧められるどちらが本当に導く有益なのか今ここで明確にお示し下さい。

第2節: バガヴァーン答える:仕事の放棄も献身奉仕の活動もともに人を解説へと導くだがこの二つのうちでは献身奉仕の方が勝っている。

第3節: 仕事の結果に欲望もいだかぬ人は常に離欲、放棄を行じているのだ勇者アルジュナよ、彼はあらゆる二元相対を超えて容易(らく)に物質の鎖を断ち完全な自由を得る。

第4節: 愚者は献身奉仕(カルマ・ヨーガ)を物質界の分析研究とは別なものだと言うだが一方の道をきわめた人は双方の成果を得る。

第5節: サーンキャによる離欲を通じて到る境地には献身奉仕の活動によっても到達する、この二つの道が同じであることを知る人は事物の実相を了解した賢者である。

第6節: 主への献身奉仕をすることなくただ仕事を放棄する人は不幸である 献身奉仕によって浄められた聖者(ムニ)無二は速やかに至上者のもとへ到る。

第7節: 献身奉仕する人の魂は清らかで心と感覚は統御され、全ての生物を愛しまた愛される彼は絶えまなく働いても決して自らの行為に縛られることはない。

第8-9節: 神聖意識の人は、見る、聞く、触れる、嗅ぐ、食う、動く、眠る、呼吸等をしていても内心では「私は全く何もしていない」と知る話すときも、排せつしたり取ったり眼を開閉するときも五官がその対象と作用しているのみと知って彼は常に超然としているのだ。

第10節: 執着心を捨てて義務を行いその結果を至上主に献ずる人は蓮の葉が水にぬれないようにあらゆる罪をはじいてよせつけない。

第11節: ヨーガを行ずる人は全ての執着を捨て体と心と知性と感覚を用いてさまざまに活動し仕事をするただ浄化のためだけに

第12節: 不動の献身の魂は全行為の結果を私に供えて純粋正真の平安境に達する、神とのかかわりなき人は働きの報酬を渇望して自らの行為に縛られ絶えず不安である。

第13節: 肉体をまとった魂が自然性を支配しもろもろの活動に対して無献身者なら彼は働くことも働くせることもなく九門の町(肉体)にいとも楽しく住んでいる。

第14節: 肉体の町に住む主人公は行為しないまた人々に行為させることもないゆえに行為の結果を生むこともない活動は全て物質界の性質が演ずるのだ

第15節: 罪深い行いをする人もあり また徳高く善き行いをする人もあるが至上主はそのどちらの責任も負わない だが生物は無知のため惑い苦しむ。

第16節: 完全なるヨーギーは内なる幸福を味わい内なる世界で活動し、喜び楽しむ内に興味を持つその人こそ解脱を得、最高の境地に達する。

第17節: 知性、心、信念、そして身をゆだねる対象がすべて至高者に定められるとき、完璧 訳 な知識によって疑いはすべて晴れ、解放の道を突きすすんでいく。

第18節: 真理を学んだ聖者は、まことに謙遜の美徳を備えている。ブラーフマナも牛も象も犬も犬喰いも、彼は差別なく平等に見ている。

第19節: すべてを等しく見ることができ、穏やかな心を持つ者は、すでに誕生と死の束縛を 訳 克服している。ブラフマンのように完璧な気質をそなえているからこそ、すでにブラフマン の境地にいるのである。

第20節: 自己を知った人は愉快な事物を得ても喜ばす不愉快な事物に会っても悲しまないその人は不動心と神の知識を持ちすでに二元相対性を超越している。

第 21節: 解脱した人は感覚の喜びや外物に関心なく常に内なる楽しみに浸っているこのように自己実現の人は心を至上者に集中して限りなき幸福を永遠に味わっている。

第22節: クンティの子よ、感覚の快楽は一時的なもので終わったあと必ず悲苦が生じるゆえに覚者は決してこの悲苦の源泉に近づかない賢者は決してこのような快楽を喜ばない。

第23節: もし人が肉体を脱ぎ捨てる以前に、五官による感覚の衝動に耐えて欲情と怒りの力を抑制し得たならそのヨーギーは現世においても幸福である。

第24節: 完全なるヨーギーは内なる幸福を味わい、内なる世界で活動し、喜び楽しむ。内に興味を持つその人こそ解脱を得、最高の境地に達する。

第25節: 二元相対を超えて内なる喜びにあふれ、あらゆる罪と疑惑を打ち払って、生物全ての向上のために働く人は最高の境地への解脱に達する。

第26節: 怒りと物欲・肉欲を法下した人々、自己の本性を知って修養につとめ、自己実現に向かって常に努力する人々は、最高の境地へのまもない解脱が保障されている。

第27-28節: 感覚を外界の事物からさえぎり、視力を眉間に集中して呼気と吸気を鼻孔の中に留め、こうして心と感覚と知性を支配し、解脱を目指す超越主義者は、欲望と怒りと恐れから自由になる常にこのような境地にある人は、間達いなく解脱しているのだ。

第29節: 私はあらゆる供儀と苦行の究極の受益者であり、すべての惑星と神々の至上主であり、一切の生物の幸福を願う大慈悲者であると、これを知る人は永遠の平安に達する。

BACE: 世界でヴェディック文化を広げるアカデミー

©2020 BACE- バクティーヴェーダンタ文化と教育アカデミー

www.vedabace.com は勉強とリサーチとか毎日の精神生活ができるためあるヴェーダ知識の詳しく情報と説明

問い合わせ- info@vedabace.com

jaJapanese